ペガサスの象徴と意味

 ペガサスの象徴と意味

Michael Lee

ペガサスは翼のある馬で、ペルセウスが海でメデューサを殺したとき、その血から生まれた神話上の存在である。

ペガサスはいくつかの伝説に登場するが、最も有名なのはベレフォフォンテス(コリント王グラウコの息子)の伝説で、ポセイドンとアテナがキメラと戦うためにペガサスを与えた。

ペガサス - 象徴

ベロロフォンテスとペガサスは、キマイラとの戦いに勝利した後、さまざまな物語で共演した。

ある日、ベレロフォンはペガサスの背に乗って不死身になるためにオリンポス山に登ろうとしたが、ゼウスは怒って馬の尻尾の下を噛むアブを送り込んだ。

ペガサスは激怒し、ベレルフォンテスを地面に落とした。 ペガサスは自由を感じ、神々とともに行進した。

ペガサスは神々に雷と稲妻をもたらしたので、神々の神ゼウスはペガサスに宇宙への自由で持ち主のいない旅を許した。

ペガサスは限りない自由の象徴であり、高貴で心優しい騎手によってのみ飼いならされる。 ペガサスを背負うことは、自由を愛し、空を飛びたがり、何にも縛られることなく冒険をすることを意味する。

ペガサスは、何ものにも縛られることなく、どんな後悔もすることなく、人生の所有者となり、この自由を楽しむ自由を与えてくれる。

ペガサスは、経験を残したいとき、人生で重要な変化を起こしたいときに役立つお守り。 高く、遠くへ飛び、新しい目標を持つために。

ペガサスはまた、詩人、哲学者、芸術家にインスピレーションを与える。

ギリシャ神話に登場するペガサスは翼を持つ馬で、ペルセウスが首をはねたメデューサの血から生まれたとされる。

ペガサスはゼウスの馬で、一対の翼のおかげで空を飛ぶことができた。 翼を使うだけでなく、空中を移動するときには、地面を踏まずに「走る」ように脚も動かした。

この文脈では、ギリシャ神話の英雄ベレロフォン(Bellerophon)、ベレロフォン(Bellerophon)またはベレロフォン(Bellerophon)について語ることができる。 研究する伝統によって、彼の両親はコリントのエウリュメデとグラウコス、またはエウリュノームとポセイドンであったと言われている。

コリントの暴君ベレロを誤って暗殺したことからベレロフォンとして知られるようになった。

ペガサスに執着していたベレロフォンは、ついにペガサスを支配することに成功し、キマイラという獣を退治することに成功した。

ベレロフォンは自らを神と偽り、ペガサスとともにオリンポスに向かった。 キメラという獣もギリシャ神話に登場するキャラクターで、数々の物語の主人公となってきた。

彼の場合、ペガサスのような明確な動物ではなく、いくつかの種の混血で、ヤギ、ドラゴン、ライオンの3つの頭を持っていた。 彼の特殊能力の中には、火を吐くことができるというものがある。

関連項目: 海水が上昇する夢 - 意味と象徴

しかし、ゼウスはこの状況を不満に思い、ペガサスに虫を噛ませた。 ペガサスはかきむしり、ベレロフォンを地面に投げ飛ばして重傷を負わせた。 そして、ゼウスはペガサスにオリンポスでの居場所を与えた。

イスラム神話に登場する馬であるブラクは、ペガサスの姿をモチーフにしているのだろう。 ブラクはムハンマドを天国に連れて行き、地上に連れ帰ったと言われている。

一方、ペガスス座は、最も明るい星がエニフ、次がシェートで、2世紀にクラウディウス・プトレマイオスが言及した星座のひとつである。

ペガサスの特徴から、現代では文学でも映画でも、フィクションの中で最もよく使われる神話上の動物のひとつとなった。

ユニコーンは、人々を魅了し、独特の神秘主義を生み出すという点でユニコーンと共通しているが、ギリシャ神話の英雄や神々の壮絶な戦いの必然的な伴侶でもある。

例えば、『聖闘士星矢』では、主人公はペガサス座の騎士であり、ハーデスやアテナと関係がある。『美少女戦士セーラームーン』では、夢を守る人であり、『ベイブレード メタルフュージョン』では、最後に主人公である。

ディズニー・ピクチャーズの『ヘラクレス』、1981年版と2010年版の『タイタンの戦い』、『タイタンの怒り』などだ。

ペガサス - 意味

ペガサスは背中に翼を持ち、空を飛ぶことができる野生の馬である。 翼の語源が翼であることから、翼のある馬と呼ぶこともできる。 ペガサスの不思議な特徴は、飛んでいるときに、まるで空中を走っているかのように脚を動かすことである。

ペガサスはギリシャ神話に登場する四足歩行の動物で、馬のような形をしているが、羽毛の生えた翼を持っており、空を飛ぶことができるという特徴がある。 平均身長は1.90メートル、体重は800キロから1000キロほどである。 頭と首は均整がとれており、小さな耳で表情豊かである。

後脚は力強く筋肉質で、蹄は他の馬よりも硬く抵抗力がある。 たてがみと尾は繊細な面持ちで、絹のような細い毛が生えている。

関連項目: 1021 エンジェルナンバー - 意味と象徴

この馬は運動能力が高く、非常に機敏で、自由な野生の馬のようで、普段は雪のように真っ白で、太陽が目の前を通ると敵の目をくらませることができると言われている。

これらの特徴により、ペガサスの動きはエレガントでユニークなものとなり、ギリシャの古代伝説の主な魅力のひとつとなっている。

ペガサスは不思議な性質を持つ翼のある馬で、その力は地の果てまで飛べることに加え、悪を即座に捕らえることができることである。

ペガサスは自由を象徴し、神や半神、あるいは気高く善良な騎手だけが乗ることができる。 ペガサスを背負うことは、自由、強さ、気高さを愛し、何も縛られることなく空を飛び、冒険をしたいことを意味する。

ギリシャ神話では、ペガサス(ギリシャ語ではΠήγασος)は翼のある馬、つまり翼のある馬である。 ペガサスは弟のクリサオルとともに、ゼウスの息子である半神ペルセウスがメデューサの首を切り落としたときに流した血から生まれた。

生まれて間もなく、この馬はヘリコン山の地面を強く打ち、その一撃から泉が生じた。ペルセウスは翼のある馬を父ゼウスに譲り、こうしてペガサスは神々と共にある最初の馬となった。 ゼウスは天と地の神であった。

ペガサスが登場するもうひとつの物語は、ポセイドンの息子である英雄ベレロフォンが、ギリシャの領土を荒らした複数の頭(ライオンとヤギを含む)を持つ獣、キメラと戦うために翼のある馬を与えたというものである。

ポセイドンの息子は翼のある馬の背に乗ってキメラを退治し、英雄ベレロフォンもこの馬のおかげでアマゾネスに勝利した。

神になる野望を抱く半神はペガサスに乗り、神になるために彼をオリンポスに連れて行くよう強要するが、彼の大胆さに腹を立てたゼウスは、ペガサスの背中を刺す取るに足らない蚊を送り込み、ベレロフォンを殺すことなく虚空に沈め、不具にされ、過去の栄光を思い出しながら一生この世を離れてさまようことを宣告する。

蝿がペガサスにぶつかると、ペガサスは身を震わせ、ベレロフォンの騎手を背中で引っ張り、虚空に落下させた。 刺された後、ペガサスはオリンポス山にとどまり、神々とともに暮らし、ゼウスが光線をもたらすのを助けることにした。

ヘラクレスがペガサスを持っていたという証拠はないが、映画の中でディズニーは、ペガサスはヘラクレス誕生の際にゼウスが贈り物として作ったものだと語っている。 巻層雲、ニンボストラタス雲、積乱雲からできており、ヘラクレスとペガサスの頭をぶつけるのが好きなのは、彼らが赤ん坊の頃、ヘラクレスとペガサスの頭をぶつけたときからだと見られている。

ペガスス座の由来は、古代ギリシャのオリンポス神話に登場するペガススが、神々に雷と稲妻をプレゼントするためにオリンポスまで飛んで行ったとき、神々の神ゼウスがペガススの宇宙への自由で所有者のいない旅を許可し、ペガススはその星座に留まったことから、それ以来ペガスス座の名前が付けられた。

翼のある馬の餌が何であるかについては書かれていないが、何らかの方法でエネルギーを得る必要があるのだろう。

まあ、メデューサの血から作られたのであれば、普通の馬のように草や薬草で栄養やビタミンを摂るほかに、彼らにとって最も栄養価の高い嵐雲である空の雲を食べると言っても無理はないだろう。

世界には、魔法省の分類に従って4種類の有翼馬が知られている:

アブラクサンは翼を持つ馬の一種で、大型で非常に力強い。 その名は、ローマ神話に登場するオーロラの馬の一頭、アブラクサスに由来すると思われる。 黒い目を持つ外見で、体は翼のように白い明るい毛でできている。

ギリシャ神話に登場する太陽神ヘリオスの戦車を引いていた馬の一頭、アエトンに由来する。

目は黒く、真珠のように光っている。 褐色の体毛に対し、翼の毛は白や灰色、時には黒色もある。

グラニアンは、通常灰色か白色をした、非常にスピードの速い有翼馬の一種である。 グラニアンは一見とてもスリムな体格をしているが、全体としては純粋な筋肉質で、スカンジナビアの冬を生き延びるには驚くほどタフな馬である。

すでに他の地域にも広がっているが、寒い気候の地域では非常に一般的で、最近ではより丈夫にするために、世俗的なアイスランド・ポニーとの交配が行われている。 この生き物の名前は、"グラニ "と呼ばれる北欧神話の馬に由来すると考えられている。

結論

体全体が薄い灰色で、空を飛んでいるときに紛らわしい。

テストラルとは、骸骨のような体に爬虫類のような顔、コウモリを思わせる風化したような翼を持つ有翼馬の一種。 イギリス諸島とアイルランドに生息しているが、フランスやイベリア半島の一部でも目撃されている。

非常に稀な存在で、魔法省では最も危険なクリーチャーの1つとされている。 死を見た者にしか見えないこと、陰気で憔悴した幽霊のような外見から、多くの魔法使いから不幸と侵略の前兆として不相応に知られている。

Michael Lee

マイケル・リーは、エンジェルナンバーの神秘的な世界を解読することに専念する情熱的な作家であり、スピリチュアル愛好家です。数秘術とその神聖な領域とのつながりに対する根強い好奇心を持って、マイケルはエンジェルナンバーが伝える深いメッセージを理解するために変革の旅に乗り出しました。彼はブログを通じて、これらの神秘的な数値列の背後に隠された意味についての広範な知識、個人的な経験、洞察を共有することを目指しています。マイケルは、書くことへの愛情とスピリチュアルな導きに対する揺るぎない信念を組み合わせて、天使の言語を解読する専門家になりました。彼の魅力的な記事は、さまざまなエンジェルナンバーの背後にある秘密を解明し、天上の存在からの導きを求める人々に実践的な解釈と力を与えるアドバイスを提供することで読者を魅了します。マイケルの精神的な成長への終わりのない追求と、他の人がエンジェルナンバーの重要性を理解できるようにするという彼の揺るぎない献身は、彼をこの分野で際立たせています。言葉を通じて他の人を高揚させ、インスピレーションを与えたいという彼の純粋な願望は、彼が共有するすべての作品に輝きを放っており、彼はスピリチュアルコミュニティにおいて信頼され、愛される人物となっています。マイケルは執筆以外のときは、さまざまなスピリチュアルな実践を学び、自然の中で瞑想し、隠された神のメッセージを解読するという情熱を共有する同じ考えを持つ人々とつながることを楽しんでいます。日常生活の中で。共感的で同情的な性質を持つ彼は、ブログ内に歓迎的で包括的な環境を育み、読者が自分のスピリチュアルな旅を見て理解され、励まされていると感じられるようにしています。Michael Lee のブログは灯台のような役割を果たし、より深いつながりとより高い目的を求める人々に精神的な啓発への道を照らします。彼の深い洞察力と独自の視点を通じて、読者をエンジェルナンバーの魅惑的な世界に誘い、自らのスピリチュアルな可能性を受け入れ、神の導きの変革の力を体験できるように力を与えます。